愛猫が与えてくれた「生きる喜び」 人生を見つめ直して開いたコーヒー豆店

猫総合
スポンサーリンク
目が見えなくても元気いっぱいのはっち君

 三鷹、調布、吉祥寺の3駅からアクセス可能な、諏訪神社というバス停で下車して徒歩2 分ほどで「猫町珈琲研究所」に到着。猫を愛してやまないオーナーの田中幸さんが、2020年2月2日にオープンしたお店には、クーちゃん(18歳♀)とはっち君(推定6~7歳♂)がいます。最初は「落し物」として警察署に届けられ、その後愛護団体で保護されていた目が見えないはっち君も、
Source: グノシー猫のカテゴリ

リンク元

スポンサーリンク
猫総合
kuruntkwp2020をフォローする
猫だらけの情報サイト〜動画・おもしろ・癒し・不思議etc

コメント

タイトルとURLをコピーしました