【動画】バッハ会長 “痛恨”の言い間違い「中国国民に・・・」

猫総合
スポンサーリンク





(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


 東京オリンピック開幕まで10日となった13日は、これまでで最も多い海外選手団が来日しました。
政府の発表では、13日に来日した選手や大会関係者は、約590人に上ります。
検疫での検査などを済ませ、それぞれの合宿先へと移動しました。
■選手村「入村式」もなく・・・“異例”の開村
その一方で、東京・晴海の選手村がオープンしました。
しかし、オープンしたとは思えないほど、人の姿がまばらでした。感染対策のため、選手の入村は原則、競技開始の5日前からとなっているためです。
恒例だった歓迎セレモニーなども行われず、異例の開村となりました。
■バッハ会長“痛恨”の言い間違い「中国国民」
こうしたなか、IOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長は、大会組織委員会の橋本聖子会長を、表敬訪問しました。
IOC、トーマス・バッハ会長:「ここまで準備の整った大会はありません。舞台は整いました。あとは、ベストパフォーマンスをするだけです」
ただ、大会の安全を訴える大事な場面で、“痛恨”の言い間違いも・・・。
IOC、トーマス・バッハ会長

リンク元

スポンサーリンク
猫総合
kuruntkwp2020をフォローする
猫だらけの情報サイト〜動画・おもしろ・癒し・不思議etc

コメント

タイトルとURLをコピーしました