猫の風邪を人間と同じに考えたらダメな3つの理由とは?

健康やからだのこと
スポンサーリンク
猫がくしゃみをしていたり、目が涙や目ヤニでぐちゅぐちゅしていたら「猫風邪」と言われます。これは、症状が人間の風邪をよく似ていることからそう呼ばれているわけです。子猫は風邪でもこじらすと命を落とすほど危険なことは耳にしますが、成猫ではどうでしょう?人間の場合、風邪は安静にしていれば1週間程度で回復しますが、猫風邪は成猫であっても注意が必要です。この記事では、ひとことで『風邪』といっても人間と猫は同じではない理由を紹介します。理由その1.猫は自分で不調を伝えられない当たり前ですが、猫は頭が痛い~とか、熱っぽい・・・なんて教えてくれません。これは人間の赤ちゃんと同じですが、猫って全身毛で覆われているから「顔が赤い」とかもわからないですし。目に見える症状がなくても、食欲不振の原因がお腹が痛かったということもあります。よくあるのが、保護猫で最初全然食べなくて心配していたら、しばらくすると下痢が始まって動物病院に連れて行ったら「風邪ですね・・・」また、片目だけすごい涙目で、ケンカして怪我でもしたのかと思っていたら風邪だったということもあります。理由その2.猫風邪は急激に症状が悪化するときがある猫は人間に比べても体が各段に小さいので、あっという間に重症化することもあります。それに、感染しても体力が

リンク元

スポンサーリンク
健康やからだのこと
kuruntkwp2020をフォローする
猫だらけの情報サイト〜動画・おもしろ・癒し・不思議etc

コメント

タイトルとURLをコピーしました